銀行との賢い付き合い方
地域密着型リージョナルバンクの関西アーバン銀行

関西アーバン銀行とは


関西アーバン銀行は、大阪府に本店がある第二地方銀行である一方で、三井住友銀行の子会社でもあります。第二地方銀行ですので、資本金という視点ではあまり大きな銀行ではありませんが、三井住友銀行というメガバンクの資本が入っているので、大きくないとはいえ、信用性は高いと言える銀行です。
また、銀行のメリットを考える際には手数料やそれに関連した使い勝手というものが重要視されますが、関西アーバン銀行は三井住友銀行の子会社であることから、例えば、三井住友銀行のATMで関西アーバン銀行の取引を行った場合も、自行扱いとなるため、時間内であれば手数料無料ですし、時間外手数料が取られる場合でも、その額は他行扱いの取引よりも安くなります。関西アーバン銀行の場合は、親会社の三井住友銀行の他に、ゆうちょ銀行やセブン銀行、イオン銀行等の提携金融機関のATMでも手数料が自行扱いのものとなります。これらの提携金融機関のATMが利用できるということは、コンビニエンスストアのATMでも取引が可能であるということになります。
メガバンクや第二地方銀行等の銀行の規模に関わらず、「貯める・殖やす」、「お金を借りる」、「将来に備える」といった視点からサービスが提供されることが金融サービスの共通項となっていますが、第二地方銀行の場合は、その銀行の拠点となるエリアの外に出てしまうと、店舗や利用できるATMの数が極端に減ってしまうことから不便な面があります。関西アーバン銀行の場合は、前述のように、利用できるATMが多くあるので、地方出張が多い人や、将来そのエリアの外で就職する予定の大学生等でも、この銀行をメインバンクとして利用することができます。
とはいえ、やはり地域密着型のリージョナルバンクとしての魅力を売り出しているので、地域の個人や中小企業を経営する人にとって役立つサービスを数多く持っています。
© 2014 銀行との賢い付き合い方 All Rights Reserved.