銀行との賢い付き合い方
資産運用では必ず確認!元本保証の有無

銀行の預金は元本保証


資産運用と聞くと、株や為替、商品取引等にお金を投資して利益を得るという、なんだか難しそうで、普段のお金のやり繰りとはまた別の、派手な印象があるかもしれません。しかし、視点を変えて考えてみれば、ただ単に銀行にお金を預けるだけでも、立派な資産運用といえます。なぜなら、銀行にお金を渡すと(預け入れると)、その預金には利息が付くからです。
どんな形式の資産運用を行うにあたっても、その投資対象の内容や成長見通し、投資方法や利回りの見通し等、細かい内容をきちんと確認する必要がありますが、元本保証であるかどうかも忘れずに確認するべき要素です。ただし、個別株取引にしても為替取引にしても、または投資信託での投資であっても、元本保証であることはめったにないというのが現状です。そんな中で、銀行の預金だけは、条件付きではあるものの、元本保証の資産運用であると言えます。
銀行に関連する制度の中に、ペイオフ制度というものがあります。これは、万が一お金を預け入れた先の銀行が金融破綻してしまっても、元本が1000万円までであれば、保証されるというものです。銀行への預金の場合、銀行が破綻するしか元本割れする要素はないので、預金は元本保証の資産運用であるといえます。ただし、1000万円を超えてしまった分は保証されないということになので、各金融機関に1000万円を超える預金はしないということと、預金へ付加される利息を銀行同士で比較するなどして預け入れ先を決めるといいでしょう。
© 2014 銀行との賢い付き合い方 All Rights Reserved.