銀行との賢い付き合い方
資産運用では必ず確認!元本保証の有無

国債は元本保証か?


国の運営資金の出所は、国民からの税金です。しかし、国として経済活動の規模を大きくしたりすると、それだけ必要な運営資金も大きくなり、時には国民からの税金だけでは足らなくなってしまうことがあります。そこで、国は、国債というものを発行して、国民からお金を借り、それを利用して経済活動をするのです。もちろん、国はお金を「借りる」のですから、借りたお金を返すのと同時に、手数料として利息を払わなければなりません。つまり、国民(お金を貸す側)にしてみれば、国にお金を貸すことで、利益を得ることができるため、国債を購入することは資産運用の一環になります。
投資する側としては、投資内容が元本保証であるか、元本割れするリスクはどれくらいあるのかということは、とても重要なことです。国債はと言えば、基本的には「元本保証」という条件は謳っていません。ただし、実質的には元本保証で、そうでなくなるのは、その国債を発行している国が破綻してしまった時です。それ以外は、金利の変動により、どのタイミングで国債を買うかによって、利益率の部分に変動が出るだけで、元本の方は変わりません。
ただし、その国が破綻するリスクを抱えているかどうかは要チェックポイントです。日本の国債には破綻するほどのリスクは現在のところありませんが、外国の国債も買ってみようと思った場合は、その国の経済状況や、国債にかけられる金利を注意深く調べる必要があります。
© 2014 銀行との賢い付き合い方 All Rights Reserved.