銀行との賢い付き合い方

地域密着型リージョナルバンクの関西アーバン銀行

資産運用では必ず確認!元本保証の有無

貯金第一歩、自動積立定期預金

貯金第一歩、自動積立定期預金

自動積立定期預金とは


定期預金というのは、例えば10万円といった一定額を、任意の期間(最短一か月、最長で10年)引き落とし不能にし、その代わり、その期間内に付加される利息は普通口座に預金しておくよりも、高めに設定してあるというものです。
こういった基本の定期預金の他に、自動積立定期預金があります。これは、毎月指定日に、指定額を普通口座から引き落とし、自動的に定期預金として預金するというシステムです。基本の定期預金は、始める時に、10万円なら10万円という、比較的まとまった現金が手元にあることが前提となりますが、自動積立定期預金の方は、始める時に手元に現金がなくても、少しずつ定期預金として積み立てを始めることができます。
また、基本の定期預金は、指定期間引き落としができないという原則がある一方で、自動積立定期預金は、預け入れ期間が決まっていません。現金を引き出したい場合は、窓口での手続きが必要となりますが、預け入れ期間が長いものから順番に解約し、いつでも利息と共に払い戻すことが可能です。この場合、毎月引き落とされる金額が5万円だとすると、「5万円一口」で定期預金されるということになるので、例えば30万円引き落としたいという時は、6口の定期預金を解約するということになります。
どこの銀行も定期預金を扱っているように、この自動積立定期預金も、どの銀行でも扱われています。この預金システムを始めようと思った場合は、まず普通口座を持っている銀行の窓口に問い合わせてみましょう。
© 2019 銀行との賢い付き合い方 All Rights Reserved.