銀行との賢い付き合い方

地域密着型リージョナルバンクの関西アーバン銀行

資産運用では必ず確認!元本保証の有無

貯金第一歩、自動積立定期預金

貯金第一歩、自動積立定期預金

自動積立定期預金の通帳の見方


自動積立定期預金という預金方法は、名称の違いはあるかもしれませんが、どの銀行でも扱われています。そんな中でも比較的人気があるのは、三菱UFJ銀行のもののようです。
この預金方法は、毎月一度、指定日になると、普通預金口座から自動積立定期預金に自動的に振替えられるというものです。普通預金口座の金額が足りない場合は保留とされ、後日振り替えられます。三菱UFJ銀行の場合、オンラインでも開設や解約ができ、積立内容の変更も可能です。「アナログな通帳の方が好き!」という場合は、窓口で開設手続きをすれば通帳をもらえます。
この自動積立定期預金の通帳の見方ですが、この預金の場合、通帳には振り替えられた日に、振り替えられた金額(この預金方法の場合は指定の金額)が一行ずつ印字されていきます。これは、一行分が一口の定期預金となります。ATMから手動でこの口座に預金した場合は、その時に預け入れた金額が一口分として印字されます。手動預金の場合、預金する額は、毎月の指定金額と同じ金額でなくてもかまいません。
預金額の横には、その一口の定期預金にかけられる金利が印字されます。現在は低金利時代ですので、ここに印字される金利は、限りなくゼロに近い上に、大きく変化することはありません。しかし、経済状況が変化すれば、上下する可能性はあります。金利に変化した場合、その金利が適用されるのは、その一口分だけで、それ以前の口数には、それぞれ預入金額の横に印字された金利が適用されます。
© 2019 銀行との賢い付き合い方 All Rights Reserved.