銀行との賢い付き合い方

地域密着型リージョナルバンクの関西アーバン銀行

資産運用では必ず確認!元本保証の有無

貯金第一歩、自動積立定期預金

貯金第一歩、自動積立定期預金

自動積立定期預金の預金額の決め方


自動積立定期預金の口座開設をする時に決めておく必要があるのは、毎月の預金額をいくらにするかと、引き落とし日をいつにするかということです。
まず、預金額をいくらにするかは、自分の貯金計画との調整が必要です。この自動積立定期預金一本で毎月の貯金とするならば、大体毎月の手取り給与額の1割を目安としてスタートすることをおすすめしますし、他にも目的別に口座を持っているのであれば、そちらの金額も考えて、無理のない範囲で貯金をしていけばいいのです。自動積立定期預金は毎月1万円から指定できます。ボーナス月には、振替額を2倍にする等、柔軟な金額設定も可能です。万が一、始めてみて「この額だと毎月のやりくりがつらい」というようなことになれば、再び窓口へ出向けば、いつでも金額の変更をしてもらえます。
そして、もう一方の引き落とし日ですが、これは、もし自動積立定期預金を、貯金を続けるための手段として真剣に考えているのであれば、給与振り込み日にすることをおすすめします。この場合、もちろん、給与振り込み口になっている普通口座から振り替えられるようになっていることが重要です。
貯金を継続するには、無理のない額と、自動で貯金するタイミングを明確にして、あとはその貯金を努めて意識しないようにすると、上手く行きます。そして、一度挑戦してみて、無理が出てくるようなことがあれば、面倒がらずに、預金額や振替日を変更するなど、柔軟に対応できるようにしましょう。
© 2019 銀行との賢い付き合い方 All Rights Reserved.