銀行との賢い付き合い方

地域密着型リージョナルバンクの関西アーバン銀行

資産運用では必ず確認!元本保証の有無

貯金第一歩、自動積立定期預金

貯金第一歩、自動積立定期預金

自動積立定期預金と合わせて利用したい積立商品


自動積立定期預金と合わせて利用したい積立の中に、財形貯蓄があります。これは、言い換えれば天引き貯蓄です。毎月ほぼ一定の給与を受け取れる会社勤めの人におすすめです。会社の社内制度として、社内預金制度というものがある場合は是非利用しましょう。この社内制度としての財形貯蓄は、毎月給与や賞与からあらかじめ貯金分を天引きした上で、給与を支給してくれるので、手間いらずである上、税金面での優遇や各種融資制度があります。ただし、勤務先の企業がこの制度を導入していなければ、加入することはできません。
そしてもう一つ、自動積立定期預金等でコツコツ貯金を続けるのと同時に行いたいのは、より積極的にお金を増やす資産運用を取り入れた積立商品です。この代表が、積立型の投資信託です。これを始めるには、銀行だけではなく、証券会社にも口座を持つことが必要となりますが、その辺りの案内は、銀行の窓口でもしてくれますので、何かのついでに、気軽に銀行係員に訪ねてみましょう。
簡単に言えば、これは、毎月一万円からこつこつと積立をし、それを資金として、証券会社に所属するプロの投資家が、株式等に投資を行って、お金を増やしてくれるというものです。注意が必要な点は、自動積立定期預金等は預金ですから、元本割れすることはありませんが、投資信託の場合は、元本割れの可能性があるということです。
「積立」と付く金融商品の中には、以上のように、それぞれ攻めと守りの側面を持つものがありますから、その両方をバランスよく利用することで、リスクを低く抑えつつも、効率よく貯金を行うことができます。
© 2019 銀行との賢い付き合い方 All Rights Reserved.